Footprints

弁護士・伊藤雅浩による仕事・趣味・その他雑多なことを綴るブログ(2005年3月開設)

スタートアップ法務(続編)

そろそろ怒られてしまうかもしれないけれど,スタートアップ法務に関する会話をもう少し続けてもらうことにしよう。

ITビジネスの契約実務〔第2版〕刊行予定

商事法務のサイトに2021年10月発売予定と掲載されていたので、ここでフライングして紹介をさせていただきます。

スタートアップ法務実在説・非実在説

ときどき一部界隈で話題になる「スタートアップ法務って何?」というトピックについて。

アジャイル型開発と偽装請負(NBL No.1196 p.50)

ソフトウェア開発業務委託の分野では,「アジャイル開発は偽装請負にならないか?」が頻出問題だが,この点を正面からとらえた論考に接したので紹介する。

著作権によるAPIの保護(Google v. Oracle事件最高裁判決)

2021年4月5日に,OracleがGoogleを訴えた事件の最高裁判決が出された。本日(5月10日)に,SOFTICでこの判決を紹介するセミナーが開催され,登壇する機会を得た。

AIとバックギャモン、将棋 (先端技術と立法課題研究会)

板倉陽一郎先生から声をかけていただいて首記のワークショップにパネラーとして参加させていただいた。

小塚荘一郎『AIの時代と法』(岩波新書)

しばらく前に読みかけて積読になっていた本。読み出したら止まらなくて一気に読めた。

川井信之『会社法入門』を読んで

すでに多方面で紹介されているが、川井先生の単著『会社法入門』が素晴らしかった。

佐川光晴『駒音高く』

偶然見つけた短編小説集。これがなかなか爽やかな読後感が得られる好作品だったので, 紹介しておきたい。

西田章『新・弁護士の就職と転職』

10年以上にわたって弁護士のキャリア、就職、転職に関わってこられた業界通・西田先生による新刊。

宍戸善一=VLF編『スタートアップ投資契約』(商事法務)

年末年始の休暇を利用して通読した良書の紹介。

2020年を振り返って

恒例の1年を振り返るエントリ。

証言 羽生世代

これまた期待以上,看板に偽りなしの本に出会った。大川慎太郎『証言 羽生世代』。

「Business Law Journal休刊」の報に接して

事前にお知らせをいただいていたのだけれども,本日,正式にレクシス・ネクシスジャパン社のBusiness Law Journal誌(以下「BLJ」)を休刊するとのリリースが出された。

王将戦の棋譜利用ガイドライン

王座戦に続いて,王将戦の棋譜利用ガイドラインが公表された。

【LegalAC 2020】ふぞろいの弁護士たち

いきなり下手な落書きから始まりましたが,本エントリは,法務系Advent Calendar 2020のエントリです。 14日のhrgr_Ktaさんよりバトンを受けました。

『法律の学び方』青木人志

法律の「超」入門書の紹介。

スタートアップの取引慣行に関する実態調査について(最終報告)

本日,公正取引委員会から「スタートアップの取引慣行に関する実態調査」の最終報告が公表された。

ポケ六回帰

毎年秋になると,「六法」を買う。

映画「泣き虫しょったんの奇跡」

遅ればせながら2018年公開の映画「泣き虫しょったんの奇跡」を観た。

東証・システム障害による責任についてのメモ

昨日10月1日,東京証券取引所のシステムで障害が発生し,終日にわたって全銘柄の売買が停止するという前代未聞の事故が発生した。

昇段

長男・匠が,昨日行われた第67回三段リーグ16回戦・17回戦で連勝し,最終日を前に2位以内が確定したため,10月1日からプロ(四段)となることが決まりました。

中村直人 弁護士になった「その先」のこと。

話題の本。企業法務分野で著名な中村直人弁護士が,所内の若手弁護士のための研修を行った際の反訳をベースに書かれたものである(はしがきより)。

クラウドサービス契約について考える

AWSのブログにて,8月5日付けで「第二期政府共通プラットフォームにおけるクラウドサービス調達とその契約に係る報告書」が公表されていることを知った。

「あるある」のオンパレード ~スタートアップの取引慣行に関する実態調査について(中間報告)~

6月30日に公正取引委員会から,「スタートアップの取引慣行に関する実態調査について(中間報告)」が公表された。

この状況下でも進まない「裁判ウェブ会議」

昨日の日経記事,いろいろと突っ込みどころが多い。

NEW NORMALにおける法律事務所経営の悩み

本日,「NEW NORMALにおける法律事務所経営の悩み」と題して,創知法律事務所の藤本一郎さん,早稲田リーガルコモンズの河崎健一郎さんと私の3人で対談し,その状況をzoomで配信するということを試みた。

個人情報・パーソナルデータに関すること(35)第4回情報法制シンポジウム1

新型コロナウィルスの影響で,情報法制研究所(JILIS)のシンポジウムがオンライン開催となったが,逆に5回に分けて開催されるというリッチな構成となっている。

川島武宜『日本人の法意識』

ロースクール1年のときに誰かに勧められて本書を一読したがあまり理解もできず興味も持てなかった本をふと思い出して約15年ぶりに読み返した。 新書ですら老眼の進行で読むのはつらいので,Kindleで買いなおしたけれども。

緊急事態宣言下での業務

5月25日に緊急事態宣言が解除されてから,あっという間に「いつもの日常」が戻ってきた。