Footprints

弁護士・伊藤雅浩による仕事・趣味・その他雑多なことを綴るブログ(2005年3月開設)

第9回詰将棋解答選手権一般戦

出る予定はなかったが,長男の引率ついでに当日参戦した(問題のネタバレがあるので,今後解く予定の方は注意してください)。


本当は,私は初級戦,長男は初級戦+一般戦を申し込んでいたのだが,私は出張,長男は土曜日授業があったため,一般戦の時間にしか間に合わなくなってしまった。会場は代々木公園隣の施設だったし,桜が満開の季節なので,自転車で行った。


会場につくと,ちょうど初級戦の解説をやっている時間帯だった。問題を見せてもらったが,確かに,今ならこの問題であれば,おそらく全問正解できただろう。少しずつ詰将棋を解いていた成果は出てきた(指将棋に反映されない。)。


ただ終わるのを待っているのもつまらないので,私も一般戦に参加することにした。でも,全然解けない問題を目の前に60分間座るのも苦痛だけれど。6問中1問正解を目指す。


スタートの合図とともに1問目を見る(問題は,近いうちに詰将棋解答選手権ブログに掲載されると思われます。)。これは確かに解きやすそう。▲24金,△同角,▲同飛みたいな問題が出るわけはない。多分初手は▲13金だろう。△同香だと,▲23飛成,△同歩,▲25金までなので,これは違いそうだ(実はこれが正解だったのに,勝手に勘違い。)というところまでは開始から3分。2手目△同玉のとき,▲23金,△14玉(△同歩なら▲同龍まで。),▲16飛,△15角,▲24金の7手詰めだ!と思って解答を書く。このとき,たぶん7分くらい。しかし,書き終わった瞬間,6手目移動合でなければ詰まないので,考え直し。


袋小路にはまっていると,私の後ろの少年が退出する(22分。この少年が優勝者。)。こちらはまだ1問もできていないのに。そこで,ふと2手目同玉なら▲22飛成,△同角,▲24金で駒余りであることに気づき,最初の答えが正解だと判明。このとき,25分。もう半分くらい使ってしまったが,どちらかといえば,0点は避けられたことにほっとする。


2問目は,中央に敵味方の駒が無造作にバラバラと並んでいる図。もっとも苦手な分野の問題。少しだけ考えて,すぐにあきらめて後回し。このとき,30分。


3問目は,一目で▲48香と打たせる問題だと気付く。初手も▲36桂だろうということがわかるので,▲36桂,△同と,▲48香まではすぐにわかる。4手目△同馬ならすぐ詰むから,△同飛として,その後,空き王手をした際に,馬を抜かれる筋を避けられそうだ。結局,△同飛以下,▲58飛,△45玉,▲55馬の7手詰め。よし,2問できた。このとき約40分。(しかし,駒余りになっていて不正解であることに気付いていなかった)。このころ,長男が出ていく気配がした。


4問目は,香の効きを通すため初手▲33桂成しかなさそうだ。△同桂の次,3手目はあれこれ試しながら悩む。あまり早い段階で金を使うのがはばかられたが,▲25金,△同桂と逃げ道をふさいでから,5手目▲45角と出る。△44玉以下はすぐにわかった。桂を取られないよう,▲53龍,△同玉と捨ててから,▲63角成まで。この問題が解けたことが一番気持ちよかったかも。このとき50分を過ぎていた。(しかも3問できていると思っていて,上機嫌)


5問目は,右辺に逃がさぬように,初手▲42飛の筋だろう。さらには,玉を21に落としてから,▲43角とする筋も見える。そこで,▲42飛,△同飛(同金は23金から押え込めば詰みそう),▲23金,△21玉,▲43角。次に△同飛は,▲12銀から詰みそうなので,△同金だろう。このあたりは枝葉を丁寧に刈り取っている時間はないので,見込みで進める。逃げ道は完全にふさがったのだが,ここから難航。なぜか▲32金の両王手ばかり考えてしまい,▲12金に思いが至らないまま,タイムアップ。


結果は,1,4が正解で,3は間違い,5は部分点(1点)で,合計11点。57人中46位だったが,低い目標ならも,これをクリアできて個人的には大満足(詰将棋鰻王師匠の指導を受けた割にはよくないけれど・・)。長男も,目標の全問正解を達成したが,全問正解者がたくさんいて,タイム差により,東京で12位。


優勝者は長男と同じ4年生だという。見たことない子だったが,会話の内容から青森から来た子らしい。青森の4年生には,長男が勝ったことがない強者2名(I君,K君)がいるが,それ以外にもそんなに強い子がいるとは,青森恐るべし。というか,同学年に強い子が多い(名古屋会場の優勝者も同じ4年生のF君。)。


2年前の同大会は,二人とも初級戦に出て,父4問,息子5問正解だった(全6問)。
http://d.hatena.ne.jp/redips/20100403/1270283447

昨年は,親子そろって初級戦全問正解,長男は一般戦で4問正解。
http://d.hatena.ne.jp/redips/20110409/1302354826


そう考えると,毎年親子共にステップアップしているので,来年は今年を超える結果を出してみたい。